PEOPLE ————  14 9月 2020

PEOPLE OF SITMA – MATTEO PALLADINO

—————— 自己紹介をお願いします。

こんにちは、私はマッテオ・パッラディーノ。29才です。2年半前からモデナとボローニャの丁度間位の場所に住んでいます。出身はピエモンテ州のアルバです。ユネスコ世界遺産にも認定されている美しい街ですよ!

—————— シトマで働き始めたのはいつから?

シトマファミリーになったのは2年半前の2018年の2月です。

—————— それまでに何を勉強しましたか?

生まれ故郷の理科学系高校で学びました。卒業後はすぐに産業オートメーションの分野で働くことを決めていました。その後、2Dと3D CADシステムの技術者としての専門知識とディプロマを取得し、最後に生産部門から営業部署に渡る様々なトレーニングコースで学びました。 シトマでは、プロジェクトマネージメントの基本原則に関する4か月のコースを終了しています。

—————— シトマでのあなたの役割は?

セールスチームに所属しています。具体的には、Eロジスティクスを専門とするビジネスユニット内で、郵便事業者の営業管理を担当しています。 大きなプロジェクトではこの1年半、Poste Italianeとの大規模な戦略プロジェクトがありました。

—————— あなたの仕事の中で最もエキサイティングな瞬間は?あなたがシトマにもたらしたものは?

私のポジションは社内での伝達を活性化します。これはすべての部門とそれぞれのマネージャーとのコミュニケーションと直接的な関係を意味します。 同時に、重要なお客様との交流やコラボレーションも可能になり、ソフトスキル面での個の成長と、新しいスキルを習得するための専門的な成長の両方が促進されます。
シトマでは、プロジェクトへの献身、粘り強さ、そして結果を達成するための最大限のコミットメントで貢献しています。そしてたまに差し入れる故郷のワインも好評です!

—————— あなたと会社の結びつきは?どのような価値観を共有し、何に焦点を当てるべきだと思いますか?

私と会社を結び付けているものは、基本的で構造的な価値観を共有していることです。 お客様とのパートナーシップ、人としてのアプローチ、能力、情熱は、私が仕事で毎日続けようとしている重要なポイントです。

—————— 休日の過ごし方は?

休みの時は色々なことに取り組んで楽しんでいます。
– スポーツ:マウンテンバイクとラグビー
-リラックス:TVゲーム、TVドラマの一気見、レゴブロック
– 好奇心:散歩や遠足
– 会社関係:ビーチバレー大会、ゴーカートレース

—————— 自分のことをどのような人間だと思いますか?あなたのモットーは?

私は自分自身を正直で、粘り強く、毅然としており、チームメイトとして最高だと思っています。モットーは私の最初のラグビーチームのものです:Le Düra,Süra!(難しいだろう?さあ、乗り越えろ!)

—————— 現状について、新型コロナウイルスがシトマにもたらした影響は? あなたはこの状況をどのように乗り越えた?またポジティブな側面はありましたか?

ロックダウンは突然訪れ、もちろん全員が困惑していたことを覚えています。家族や大切な友達たちが別の州にいるために会えない。ついこの間まで毎日のように顔を合わせていたのに今やその顔を見ることもかなわない。状況を理解して飲み込むまでに本当に苦しい思いをしました。外出規制のために、お付き合いのあるお客様の元を訪問することできなかったこともロックダウンになれていない当初は大きな混乱の要素になりました。
しかし、適切な対応によって様々なギャップを穴埋めすることができたのも事実です。例えば、ビデオ通話を使用することによって距離があってもお客様との関係性を維持できたこと。国全体のテクノロジーの向上、テレワークの導入で仕事の品質が向上したこともあります。地球全体が一息つけたような感覚さえあります。

シトマ社からの詳細情報の受け取りをご希望されますか?
お問い合わせ
poppins シトマ社からの詳細情報の受け取りをご希望されますか?
お問い合わせ
poppins